FourSeasonsblog

gogoyuka.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 03日

串焼き「山田家」

先日仕事関係の方にごちそうになった
六本木「燃」の串焼き、
あまりに美味しかったので
家でもやってみたくなりました。
本日は串焼き「山田家」です。
e0108764_7363578.jpg

お品書き
*つくね
*塩豚バラ
*鶏ひざナンコツ
*砂肝
*ハツ
*鶏レバー
*アスパラベーコン
*えのきベーコン
*ミニトマトベーコン
*しいたけ
*ねぎま
*はんぺん大葉巻き
*お口直し:キャベツと辛みそ
*〆め:焼きおにぎり

いやーいやーおいしかった!
家でこれだけできるって
自分で言うのもなんだけどすごいわ!
しかし・・・下準備がかなり面倒だわ(爆)
塩をふっておく時間、
それぞれのネタで調整したり、
とくにヒザなんこつ、
串にさすの、Ryouに手伝ってもらったんだけど
ふたりとも3回くらい自分の指に串を刺したわ。
でも、それだけのおいしさ。
ひざナンコツがすごくおいしかったけど
一番おいしかったのは豚バラ!
ふつうの塩をふって余分な水分を出して、
今度はおいしい塩をふって焼く。
丸山園でいただいた生わさびをおろしてのっけて食べる、
うまーい!
あとつくねもおいしかった、
つくねに限っては家で作る方が絶対おいしい、
タレも好みにできるしなにしろフワフワに柔らかいもの。
そんな、どこそこ産の地鶏だの黒豚だのじゃなくたって
そのへんのスーパーの鶏だの豚でじゅうぶん、
家で手間ひまかければそれなりに最上級の味になる。
材料費、3000円くらい。
家族4人、店でこれだけ食べたら1万円は超えるでしょ?
今日が地球最後の日でいいって久しぶりに思う晩でした。
(やげんナンコツが手に入らなかったのだけ残念でした)

ちなみに我が家のは
ホットプレートに波形プレートがついていいるから
それでやりました。
(興奮して食べて飲んで、だったので
 肝心の焼いてる写真がなくてすみませんね)



ワインメモ:シルヴィー・スピールマン(アルザス)
e0108764_736532.jpg

家ではシャルドネしか飲まないので珍しい。
リースリング、やはりあまり得意でないかも。
ゴムみたいな匂いがちょっと。

今、図書館でおもしろいワイン本を借りています。
黒部有寿さん「食いしんぼうのワイン読本」
ひとことひとことがすべてわたしのツボ!(笑)
理由は読めばわかります。
特に気に入った一文だけご紹介。

「メルローに関してしばしば「ビロードのような喉ごし」とか訳のわからん形容が繰り返されるが
要はすっと飲めて刺激が少ないということだろう」

これに笑える人だけ読んでみてください。
[PR]

by yamayamayukarin | 2009-05-03 23:35 | 晩ごはん


<< さばのみりん干し      2009春の今井浜 >>